家族葬と他の葬儀

家族葬と他の葬儀とでは、何が異なっているのか分からないという人も多いでしょう。家族葬を行なうのであれば、他の葬儀の種類も知っておく必要があります。家族葬というのは、最も少ない人数で行なう葬式のことで、名前の通り故人の子供や夫、妻や孫のみで行う場合が多いです。もちろん、こうしないといけないという決まりがあるわけではないので、誰を呼ぶのかはその人次第です。

参列者についてのおもてなしに関しても、特別に何か行なう必要もありません。そのため、葬儀屋に受付や返礼品などの必要は不要だと事前に伝えておきましょう。式場にも一切看板などを設置しない場合も多くなっています。通常、お通夜以外にも告別式を行なうことも多いですが、家族葬の場合には告別式も行ないません。これが家族葬の主な特徴だと言えるでしょう。

他にもお身内葬と一般葬が存在しているのですが、一般葬は大半の人がよく知っているパターンのものです。一般葬は比較的大人数が参列することも多いので、誰を呼ぶのかしっかりと検討しておきましょう。身内だけではなく、友人や知人なども呼ぶケースが多くなっています。通夜以外にも告別式を行ない、看板もしっかりと設置するのが一般的です。参列者に対してのおもてなしも大切になりますし、受付や返礼品に関してもしっかりと行なう必要があります。事前に連絡リストを作っておくと分かりやすいでしょう。

では、あまり聞くことがないお身内葬はどのようになっているのかというと、基本的には一般葬とそれほど変わりはありません。変わっているのは呼ぶ人ぐらいでしょう。名前に身内と入っていることでも分かるように、故人の夫や妻、子供や孫などは当然として、親戚一同を呼ぶ場合が多くなっています。叔父や叔母、甥や姪、従兄弟などを呼ぶケースもあるでしょう。ただし、友人や知人などは呼ばないのが一般的です。その他は一般葬と変わりありません。これを見ると、一般葬とお身内葬はそれほど異なっているわけではありませんが、家族葬は少々異なっているので、事前によく確認しておく必要があります。