家族葬の参列を断わる場合

家族葬を行なうと連絡があり、参列してほしい旨を伝えられた場合には、通常なら断らずに出席するのが礼儀だと言えるでしょう。特に家族葬の場合には、自分の家族が亡くなったわけですから、参列するのが当然なのですが、通常は家族なら主催者側なので、断る理由は全くありません。では、家族以外の人が参列したいと言ってきた場合にはどうするのでしょうか。この場合にはむげに断るのは失礼に値するので、きちんとした理由を伝えることが重要になります。

最も有効的な方法としては、故人の遺言なのでというのが一般的です。最近は昔と違って葬式は家族だけで行ってほしいという人や、葬式自体を行わなくてよいという人もいます。このような場合には、当然故人の意思を尊重することが多いので、家族葬を行なう場合には、故人が家族だけで行なってほしいと言っていたので、今回の参列はお断りいたしますと伝えるのが良いでしょう。何も言わないとトラブルになるケースがあるので、最低でも故人の親戚などには伝えておくべきです。

親戚など近い関係の方にはこのような断り方で良いのですが、仕事をしている場合には会社の人が参列したいと言って来ることもあるでしょうし、亡くなった人の同僚や上司、部下の場合には特に参列を希望してくることが多いです。このようなときでも基本的な断り方は一緒で、故人の希望や故人の遺言だから家族葬にしますと伝えておけば良いでしょう。会社に勤めていた人が亡くなった場合には、当然会社にも連絡をする必要がありますし、町内会などに入っていたのであれば、このような団体などにも連絡を入れるべきです。

親戚だけに亡くなったことを伝えるのはよくありませんので、お世話になった方には連絡だけはきちんと行なうべきです。ただし、すでに団体を脱会している場合や、定年になって退職している場合には特に伝える必要はありません。生前入院していて亡くなる前に何度も見舞いに来てくれた人であり、連絡先を知っている場合には念のために連絡を入れておいた方が無難です。家族葬にすると伝える際に重要なことは、家族葬を行なうので参列や弔電、香典などはお断りしますと伝えておきましょう。