家族葬の注意点

家族葬の注意点

家族葬を行なう場合の注意点は多々ありますが、最初に行なうべきことは葬儀屋選びでしょう。いくら家族葬を行なうとは言っても、自分たちだけで行なうことはできません。葬儀屋も1つしかないわけではないので、たくさんある中からどこを選ぶのかというのは、とても重要なポイントです。

多くの人が確認していることは、やはりどれぐらいの費用が必要になるのかという点でしょう。もちろん費用も重要な判断基準なのですが、それだけでは不十分です。他にも、スタッフの数やサービスの内容、サービスの質やスタッフの対応などを調べておく必要があります。サービスの内容や質、スタッフの数などはホームページを見れば調べられる場合が多いでしょうが、スタッフの対応については調べるのが難しいでしょう。例えホームページに誠実に対応していますと記載されていても、本当にそうとは限りませんし、わざわざ自社にとってマイナスなことを記載する葬儀屋は存在しません。

このようなときに有効なのは、体験談や口コミを参考にする方法です。近年では、葬儀についての体験談や口コミも投稿されることがよくあるので、実際に家族葬を行なった人の体験談や口コミを参考にすることで、スタッフがどのような感じの人なのかというのを確認することができます。このときには、サービスの内容や質などについても記載されていることが多いので、可能な限り多くの体験談や口コミを確認しておきましょう。これだけ確認しておけば、葬儀屋選びをしやすくなるでしょう。

もっと情報収集がしたいという人は、国際規格の品質マネジメントシステムの取得業者であるかどうかの確認をしておくことをおすすめします。また、地域密着型で長年営業している葬儀屋もおすすめです。葬儀屋選びで失敗をしてしまうと全てが台無しになってしまうので、最も重要視するべきことです。同時に、選び方には注意しなければいけないと言えるでしょう。

葬儀屋選び以外には、家族葬なので呼ぶ人をある程度絞り込む必要があります。もちろん身内を優先して呼ぶべきでしょう。逆に身内でない人を呼ぶ場合には、家族葬ではなく一般的な葬儀を行えば良いのです。身内でも普段から付き合いのある人や、故人が入院していたときなどにお世話になった人に関しては、優先して呼ぶべきでしょう。逆に、故人の兄弟などであっても、普段から全く付き合いのない人に関しては特に呼ぶ必要はありません。最終的には家族葬を行なう人が判断するので、トラブルを避けるためには呼ぶ呼ばないに関係なく、身内には声をかけておく方が良いでしょう。

INFORMATION

2018年07月21日
ホームページを更新しました